HOME | 概要 | 個人情報保護方針 | お問合せ | English    .

  ご紹介
    経営課題の解決
    経営改善・革新事例
    経営品質を紹介するセミナー
    協議会へのご入会・ご継続
    経営品質チェックシステム
  事業
    ★公開セミナー・研修
    Eラーニング
    書籍・資料・DVD.テキスト販売
    個別支援(サポート)
    診断ツール
    第三者評価(日本経営品質賞)
  セルフアセッサー
  会員向けサービス
    会員月例研究会
    JQACレポート
    資料ダウンロード
  医療支援
 経営品質向上の考え方におけるアセスメントの目的は、組織のめざす「理想的な姿」を実現するため現状の「組織の成熟度」を明らかにして、次のレベルへ強みと課題を明確にすることです。

 私たちの考える「組織の成熟度」とは、組織の自己革新能力の高さや卓越した経営への到達度を6段階のレベルで判定できるようにしたものです。その際に用いるものが「評点ガイドライン」です。概要は下記を参考にしてください。

 この6段階の経営状態を評価する考え方は、「成熟度モデル」を基本としています。

 「成熟度モデル」とは、組織をどのように改善革新するのが良いかを認識するために、未熟な組織と成熟した組織を比較し、組織の状態の違いを明らかにしたものです。

 「活動のための仕組みのあるなし」や「手法の優劣」よりも、「活動の目的や考え方」、「プロセスや独自性」に着目します。
組織の成熟度やアセスメント基準の内容をお知りになりたい方は



*