HOME | 概要 | 個人情報保護方針 | お問合せ | English    .

  ご紹介
    経営課題の解決
    経営改善・革新事例
    経営品質を紹介するセミナー
    協議会へのご入会・ご継続
    経営品質チェックシステム
  事業
    ★公開セミナー・研修
    Eラーニング
    書籍・資料・テキスト販売
    個別支援(サポート)
    診断ツール
    第三者評価(日本経営品質賞)
  セルフアセッサー
  会員向けサービス
    会員月例研究会
    JQACレポート
    資料ダウンロード
  医療支援
認定セルフアセッサーとは

経営品質協議会では、社内で経営革新を進めるプロセスを推進・支援していく役割を担う人を「セルフアセッサー」と位置づけ、育成支援をしております。現在、「アセスメントコース」修了者を対象に、手続きを行って頂いた方を、「認定セルフアセッサー」として登録しております。アセスメントコースは、これまでのべ200,000名が受講、そのうち13,500名にご登録をいただきました。現在では、約3000名が登録し、「日本経営品質賞」審査員、「JHQCクオリティクラス認証」評価員、などでご活躍を頂いております。
◆ 認定セルフアセッサー新規登録のご案内
「アセスメントコース」修了者後、一定の手続きを経て「認定セルフアセッサー」としてご登録いただいております。認定セルフアセッサーに関する内容をご紹介します。
1.アセスメントコース(A1-A3)の修了が条件
「認定セルフアセッサー」になるには、「アセスメントコース(A1-A3)」研修修了が必要です。

2.「認定登録」、「活動アンケート」の入力、「登録費用」
アセスメントコースA1-A3終了後、下記「認定登録」ボタンをクリックし、出てきた画面に必要事項を記入して登録は完了します。その後、別途お送りする「活動アンケート」の入力と、「認定登録費用(登録料20,000円+税)」のお振込みが完了すると、経営品質協議会認定「セルフアセッサー」認定証をご送付いたします。なお、「認定登録」後の「活動アンケート」の入力は、修了年度内(3月31日)までに完了してください。毎年300名前後の「認定セルフアセッサー」が誕生し、組織の経営革新を進める多くの推進者が活躍中です。これまで13,000名以上が「認定セルフアセッサー」を取得しています。
◆ 認定セルフアセッサー資格更新手続きのご案内
2017年度認定セルフアセッサー認定更新の手続きは以下のボタンをクリックしてください。
上記ボタンをクリックすると、認定セルフアセッサーログイン画面が出てまいります。登録されている情報の確認・変更が必要な方は、本ページ最下部の「登録情報の問い合わせ」からお問い合わせ願います。
◆ 認定セルフアセッサー資格再取得手続きのご案内
諸事情で失効となった認定セルフアセッサーOBの皆様、再取得することができます。経営改革の方法論として、経営品質の活用をご検討ください。
<資格更新・再取得制度のポイント>
1.「自己学習」による資格更新・再取得
(自己学習教材)
・アセスメント基準書 ・動画視聴
2.自己学習教材のWEB配信
お手持ちのノートPC、タブレット端末、スマートフォンで
いつでもどこでも繰り返し学習可能
3.資格更新・再取得費用
2年間 15,000円(税別)

登録されている情報の確認・変更が必要な方は、本ページ最下部の「登録情報の問い合わせ」からお問い合わせ願います。
◆ 再取得された皆様からの声

2016年度の再取得制度は、400名を超える皆様からのお申し込みを頂きました。
再取得された方々よりコメントを頂いておりますので、以下にその一部をご紹介します。

●業務が多忙な折に更新機会を逃してしまいました。しかし、制度改定により、継続して 学習する機会が得られるとのことで、今までのアセスメントスキルの研鑽に活かしたいと 考えました。
●更新研修が高価かつ集合教育のため、でなかなか時間が取れませんでした。しかし、 経営品質の考え方は、現業の組織の業務改善の参考となり、気付きとなります。制度改訂 を機に再取得申請をしました。
●認定更新費用が会社負担から個人負担に変わったことを機に更新を見送っていました。 しかし、CS推進活動を継続して行うには、常に経営品質の動向を勉強しておく必要が あると認識し、再取得申請をしました
認定セルフアセッサーメールマガジンと限定イベント
「認定セルフアセッサー」の皆様には、原則月1回発行の限定メールマガジンを受け取ることができるとともに、日本経営品質賞審査員へのご応募や、限定イベント等への参加ができます。
認定セルフアセッサーとして登録されている情報の確認・変更が必要な方は、上記ボタンをクリックしてください。
ログイン画面が出てまいりますので、必要情報のご入力をお願いします。

★なお、認定の際のメールアドレスが確認できない方、当協議会ホームページ改訂後初めてのログインでうまく先に進めない方など
、ログインができない方は、下記「登録情報に関するお問い合わせはこちら」をクリックして、お問い合わせください。







*