月例会

日本生産性本部会員月例研究会12月例会「2020年 日本経済の展望」

日本では、本年10月1日から10%に消費税率の引き上げが予定されております。その影響として、引き上げ前の「駆け込み需要」や、引き上げ後の「景気の落ち込み」が懸念されます。また、その後の「物価の変動」も気になるところです。
そして、初めて軽減税率が導入され、なかでも「酒類・外食は10%」、「テイクアウトや宅配は8%だが、ケータリング等は10%」となり、コンビニや飲食店などサービス産業では混乱が予想されます。
さらに、来年は「東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会」が開催され、2025年には大阪・ 関西万博など世界的なメガ・イベントが続き、2027年にリニア新幹線の開業が控えています。そして、世界経済の動向もあり、日本では人口減少時代のなかで内外景気の転換点をむかえます。
そのような状況下のなか、今後の日本経済の展望と課題について、永濱様よりご講演をいただきます。

開催日

2019年12月11日(水)15:30~17:00

会場 全国町村会館 ホール (2階)
東京都千代田区永田町1-11-35
Tel:03‐3581‐0471
講師 株式会社 第一生命経済研究所 経済調査部 首席エコノミスト 永濱 利廣 氏
申込方法 お申し込み先 (公財)日本生産性本部 会員サービスセンター
◎FAXでの申込
経営品質協議会会員専用案内状にご記入の上、
FAX(03-3511-4071)をご送付ください。
◎WEBでの申込
https://www.jpc-net.jp/kaiin/201912.html
上記URLにアクセスのうえ、必要事項にご入力いただき、
会員区分は「経営品質協議会会員」を選択してください。
※当日は添付の案内状をご持参願います。
日本生産性本部会員月例研究会12月例会はこちら

ピックアップ