経営品質協議会とは

経営品質協議会とは

今、日本には「生産性革命」が求められています。その方法論は「分子改善・改革」、すなわち付加価値の創造にあります。経営品質協議会は、この「顧客価値創造」を実現するための「顧客価値経営」に取り組み、成果を高める方法論を提供しております。
経営品質協議会は、「顧客価値による経営革新」の実現に向けて、 日本経営品質賞を中心とした活動支援を目的として1996年6月に創設されました。現在、 世界では100ヶ国(地域を含む)以上アジアでも17ヶ国以上で同様の活動が展開されております。日本では、 全国22の地域で1,200組織の皆様による活動が実践されています。

当協議会は基本理念である「顧客本位・独自能力・社員重視・社会との調和」という4要素と、9つの重視する考え方のもと、お客様の求める価値の創造・提供を目指しています。
「顧客価値経営」の有効な方法論は、顧客の潜在需要、ニーズ、ウオンツを掴むこと、従業員の能力やスキルを磨きあげ、育成すること等であり、当協議会は組織の立ち位置となる「組織プロフィール」と経営を8カテゴリーに区分した「フレームワーク」をもとに、「セルフアセスメント」による経営改善、革新のためのマネジメントツールを提供しています。
私たちは、困難な経営環境の中でも、この考え方により、組織、経営を見直し、経営課題を明らかにして、経営革新、成果を向上させたい経営者、幹部の皆様のお役に立ちたいと考えます。

そのために、以下の3つのサービスを提供します。

幹事一覧

経営品質協議会は、顧客価値を創造する経営革新を目指す、全国約1200の組織で成り立っております。

ご挨拶

経営品質協議会 代表 泉谷 直木 氏

経営品質協議会は1996年6月に発足し、25年目に入りました。
この間、経営品質活動は企業のみならず、医療、社会福祉法人等のNPOに広がり、深まりを見せてきました。
近年、経営環境の変化が早くあるいは構造的に変わる中、様々な経営手法が出ては消えています。各論が多く、全体が見えないため、個別対応に陥りがちです。
その中で、経営品質の方法は、変化の激しい時代に経営の普遍解を求めていく原理原則に従ったもので、私の経営の指針となりました。
さらに、経営は、『見える化』した後に、中間層が理解する、いわゆる『わかる化』をし、現場で行動できる『できる化』に取り組むことにより、『現場に浸透する』ことが重要です。そして、『できる化』まで取り組めば、その成果が経営の結果に反映される必要があります。ここに経営品質のアセスメントの意義があります。
経営品質活動に取り組む皆様とともに、この『見える化』、『わかる化』、『できる化』の循環がスパイラルアップして経営のレベルを高めていけるように取り組んでいきたいと思います。よろしくお願いします。

経営改善・改革をした企業のご紹介

経営品質協議会では、経営課題を解決するために「経営品質」という考え方をご提案しております。「日本経営品質賞」の受賞組織をはじめ、多くの組織が成果を生みだしております。その一部をご紹介いたします。

資料・コンテンツ販売

経営品質協議会では「日本経営品質賞アセスメント基準書」をはじめ、日本経営品質賞受賞組織の活動内容をまとめた「経営品質報告書要約版」など、経営品質に関する資料や、日本経営品質賞受賞組織紹介・活動事例紹介に関する講演等の動画をご提供しております。ご提供方法はデータ販売または印刷物購入となります。

  • 1時間

    特別記念講演「経営品質経営の本質」

    経営品質協議会 森田富治郎前代表(第一生命保険特別顧問)が、2019年度顧客価値経営フォーラムで経営と経営品質について語った講演の動画です。

  • 30ページ

    2019年版 経営品質報告書【要約版】肥後銀行

    2019年度日本経営品質賞受賞組織、肥後銀行の活動を学ぶためにご活用いただける格好の一冊です。

  • 64ページ

    2020年度版日本経営品質賞アセスメント基準書

    顧客価値創造による革新を目指す日本経営品質賞の審査基準であり、かつ、経営品質向上活動に取組む組織の皆様の「セルフアセスメント」の指針としてご活用いただいている日本経営品質賞アセスメント基準です。

  • 4時間

    経営品質アセスメント基礎講座(第1章~第7章パック)

    経営革新の課題を発見するためには、自組織の革新レベルを把握する必要があります。
    全章(1章~7章)の受講後には、色々な組織のアセスメントができるようになります。(講師 岡本正耿)

  • ---

    チームの基本シリーズ(1)〜(7)

    職場内での実践の第一歩となるテキストです。
    (1)対話の基本 (2)接客・マナーの基本 (3)後輩指導の基本 (4)お客さま満足の基本 (5)営業の基本 (6)ホスピタリティの基本 (7)チームワークの基本

地域経営品質協議会の皆様

地域経営品質協議会の方は、地域経営品質賞・協議会会員専用ページからエクセルファイル「資料注文書(地域経営品質協議会用)」をダウンロードしていただき、必要事項をご記入の上、メールにてご注文ください。

地域経営品質協議会はこちら

申込書送付先・資料コンテンツ販売に関するお問い合わせ

資料・コンテンツ販売に関するお問い合わせ、申込書の送付先は、下記宛先へお願いします。

メール送付先 jqa-info@jpc-net.jp
担当 経営品質協議会 資料・コンテンツ担当

紹介セミナーのご案内

経営品質協議会についてご理解いただけましたでしょうか?
少しでもご興味・関心をいただけた方々に経営品質協議会では、アセスメントの体験セミナーや事業説明会を行っております。是非一度足を運んでみてはいかがでしょうか?

〜 これからの経営設計図で経営を次世代へ 〜

「経営デザインによる生産性向上プログラム」説明会

経営デザインによる生産性向上プログラム(「経営デザイン」、「経営デザイン認証」「経営デザイン研修プログラム」)の目的、内容、効果などについて、動画でご紹介しています。

経営デザイン説明会動画はこちら

「経営品質説明会」で経営デザインづくりをご紹介します。

経営品質説明会

顧客価値経営の実現のために、経営品質の考え方、また経営品質協議会・事業についてご紹介いたします。

本年度の開催日程

日程
2020年5月20日(水)、7月21日(火)、11月24日(火)、2021年1月19日(火)
(※いずれの回も、同じ内容となります)
時間
14:00-16:00
内容
・経営品質の概要(目的・特徴、簡易アセスメント体験)
・経営品質向上活動の推進について(導入組織の声、進め方等)
・経営品質協議会の事業
会場
生産性本部ビル(東京都千代田区平河町)
参加費
無料
持参物
・日本経営品質賞アセスメント基準書(2016年度版以降) ・筆記用具

お申し込み

アカウントをお持ちの方は、各会員専用ページからお申し込みください。
一般の方は下記お申し込み書をダウンロードしていただき、必要事項をご記入の上、メールにてご送付ください。

申込書 申込書のダウンロードはこちら
メール送付先 jqa-info@jpc-net.jp
担当 経営品質協議会 事務局(福村、富山)
案内チラシダウンロード

経営品質向上活動推進事例セミナー

「経営品質」の考え方や「アセスメント」を活用して、どのように「経営革新」を進めれば良いのか参考にしていただくことを目的に推進組織の事例紹介を行います。終了後、個別相談にも応じます。

本年度の開催日程

日程
2020年6月25日(木)、9月23日(水)、12月21日(月)2021年3月16日(火)
時間
14:00-16:00
会場
生産性本部ビル(東京都千代田区平河町)
定員
6社24名 ※1社複数名でのご参加をお勧めいたします。
対象
経営品質向上活動を導入中/導入予定の組織関係者
※支援者の方のご参加はご遠慮ください。

お申し込み

アカウントをお持ちの方は、各会員専用ページからお申し込みください。
一般の方は下記お申し込み書をダウンロードしていただき、必要事項をご記入の上、メールにてご送付ください。

申込書 申込書のダウンロードはこちら
メール送付先 jqa-info@jpc-net.jp
担当 経営品質協議会 事務局(富山、福村)
案内チラシダウンロード

経営品質チェックシステム

「経営品質チェックシステム」は、WEB上で質問に回答することで、顧客価値経営を目指す上でのマネジメントの現状と課題が明らかになります。本プログラムは日本経営品質賞アセスメント基準書に準拠して構成されており、次の2種類をご用意しています。
※ご利用には事前登録が必要です。

1. マネジメント簡易チェック10(無料版)

「組織として明確にしていること・活動として実践していること・結果として成果が高まっていること」という視点から50問の問いに○×で回答いただくだけでご自身の所属部署やチームのマネジメントがどうなっているのかを簡易に分析できます。
データの保存はできません

初めての方は事前登録(無料)が必要です。

経営品質チェックリスト

あなたが組織のマネジメントを行う上で、組織として明確にしていること・活動として実践していること・結果として成果が高まっていること」という視点から、10領域50問の問いに5段階で回答いただくだけで、あなたのマネジメントの現状が点数で表示され、改善に向けたコメントがフィードバックされます。回答はWEBからいつでも確認することができます。

初めての方は事前登録(無料)が必要です。

グローバルでの経営品質活動

1987年に米国MB賞(マルコムボルドリッジ国家品質賞)が創設されて以来、同じ考え方のもとで、全世界にこのプログラムが普及しています。現在では世界で100以上の国や地域で展開されています。こうした状況の中で、主立った地域の表彰制度責任者が年に一度、情報の共有とベストプラクティスの追求等を目的としてGEM/C(Global Excellence Model/Council)が2000年に創設されました。
現在、日本をはじめ、以下のメンバーで構成されています

アジアでの経営品質活動

APO(Asian Productivity Organization)加盟国を中心にアジアのメンバーシップとネットワークを展開しています。アジア内で、17の国・地域で経営品質賞が展開されております。
アジアにおいても、「ビジネス・エクセレンス」というコンセプトのもとで、わが国の経営品質向上活動と同様の活動が展開されています。アセッサー教育、企業内支援など、多くのプログラムを提供しています。国により、支援組織も公的機関から、NPOまでさまざまです。

バーレーン(Bahrain)

Bahrain Centre for Excellence

中国(China)

China Association for Quality

フィジー(Fiji)

FIJI National Training and Productivity Centre

香港(Hong Kong SAR)

Hong Kong Management Association (HKMA)

インド(India)

Confederation of Indian Industry and Export-Import (EXIM) Bank of India

インドネシア(Indonesia)

Indonesian Quality Award Foundation (IQAF)

イラン(Iran)

Institute of Standards and Industrial Research of Iran

イスラエル(Israel)

The Standards Institution of Israel

ヨルダン(Jordan)

King Abdullah II Center for Excellence

マレーシア(Malaysia)

Malaysia Productivity Corporation (MPC)

ネパール(Nepal)

Federation of Nepalese Chambers of Commerce & Industry (FNCCI)

パキスタン(Pakistan)

National Productivity Organization (NPO)

フィリピン(Philippines)

Department of Trade and Industry (DTI) and Development Academy of the Philippines

サウジアラビア(Saudi Arabia)

Saudi Arabian Standards, Metrology and Quality Organization (SASO)

シンガポール(Singapore)

The Standards, Productivity and Innovation Board(SPRING)

スリランカ(Sri Lanka)

Sri Lanka Standards Institution (SLSI)

台湾(Taiwan)

AWARD:National Productivity and Development Center OPERATION : Corporate Synagy Deveropment Center(CSD)

タイ(Thailand)

Foundation for Thailand Productivity Institute (FTPI)

トルコ(Turkey)

KalDer and TÜSİAD

アラブ首長国連邦(United Arab Emirates)

Department of Economic Development

ベトナム(Vietnam)

Directorate for Standards, Metrology and Quality (STAMEQ)

APOホームページはこちら

地域経営品質協議会について

日本国内においては、地域経済の活性化、地域の企業経営の質的向上のために、経営品質協議会の地域版組織が設立されています。地域の経営品質協議会は、経済団体、NPO法人、行政、民間組織等、地域の特色に応じて運営が行われており、表彰制度や会員制度、セミナーや研究会等も地域の独自性が表れています。

国内では、地域の経営品質協議会、地域の経営品質賞をはじめ、下記の団体・組織と連携して、経営品質の普及・推進に努めています。

特に、各地域 経営品質協議会では、それぞれの地域の特色や状況に合わせて、独自の研究会や活動を行っております。経営品質にご関心をお持ちの方は、ぜひ、まずはお近くの経営品質協議会に、活動のご相談をして頂ければと存じます。

市単位における経営品質向上活動の支援組織

特設サイトLINK