第三者評価

第三者評価とは

経営品質協議会は経営を評価する基準を活用し、自社では気付きにくい強み、改善課題を明らかにする「第三者評価」を行うことによって、経営革新を支援しています。

第三者評価の基準

日本経営品質賞

経営革新を進めるモデルとしてふさわしいとみとめられた組織

経営革新推進賞

セルフアセスメントを積極的に活用した経営革新活動に取り組み顧客価値創造の方法と成果が総合評価で「優秀なレベル」に達している達していると認められた組織

経営革新奨励賞

セルフアセスメントを積極的に活用した経営革新活動に取り組み組織内での対話や協働による革新活動と成果が総合評価で「良好なレベル」に達している達していると認められた組織

顧客価値革新賞

企業と顧客との関係に焦点を当てて審査し、独自性の高い事業を推進していると認められた組織
※2018年度新たに創設

経営デザイン認証 「ありたい姿」「現在の環境認識」「変革課題」を組織として見える化できていると認められた組織
※2018年度新たに創設

日本経営品質賞

日本経営品質賞は、1995年12月、顧客の視点から経営全体を見直し、自己革新を通じて新しい価値を創出し続ける「卓越した経営の仕組み」を有する企業表彰制度として、日本生産性本部が創設致しました。設立以来20年が経過した本賞は、80年代の米国経済の復活に寄与したとされる米国国家品質賞「マルコム・ボルドリッジ国家品質賞(MB賞)」を範としています。
私たちの特徴は、現在の成果を生み出したこれまでの経営を体系的に評価し、組織の未来を創造する指針となる具体的な基準を公開し、その基準に基づいて自組織の経営を自己評価すること=セルフアセスメントを奨励していることです。
多くの企業はこのセルフアセスメントを行って経営革新を推し進めることが、受賞へと至ります。
この考え方は、ヨーロッパをはじめ、世界80か国以上の国や地域で展開されております。
わが国でも、多くの企業や自治体で取組まれているとともに、各地域において地域企業の競争力強化を目的として、地域経営品質賞が創設されています。

  • 自社の経営活動と成果について客観的な評価を受けたい
  • 自社の強みと今後の経営革新について具体的にレポートしてもらいたい
  • 自社の取り組みと成果について社会的な評価を受けたい

申請説明会のご案内

2021年度日本経営品質賞申請説明会は、新型コロナウイルス感染防止のため、予約制によるオンライン開催といたします。
本説明会では、2021年度日本経営品質賞への申請方法や審査スケジュール、申請書類作成にあたっての留意点などを事務局よりご説明いたします。
また、申請にあたっての質疑応答・個別相談も行います。
2021年度の申請を予定されている組織の方は、本説明会へのご参加および本説明会参加後にご案内する講義動画をご視聴いただくことが申請資格要件の一つとなります。

日程 2021年3月24日(水)、25日(木)、29日(月)、30日(火)
※時間帯:11:00-12:00/13:00-14:00/14:00-15:00/15:00-16:00/16:00-17:00 (1時間以内)
※オンライン開催(Zoom)・完全予約制
※組織毎に個別に開催いたします。
費用 11,000円(税込)/1組織
申し込み方法

【書式1】2021年度日本経営品質賞申請説明会(オンライン相談会)参加申込書に必要事項をご記入の上、参加希望日の2営業日前までに、メール(ex2mail@jpc-net.jp)にてお申込みください。

2021年度申請説明会申込書はこちら

経営デザイン認証

「経営デザイン認証」は、(公財)日本生産性本部 経営品質協議会が、「経営デザインによる生産性向上プログラム」の一環として2018年より新たに創設した認証制度です。
今、日本の企業経営の中でも、とりわけ、中小企業における事業承継が大きな課題になっています。
本プログラムは、企業・NPO等、あらゆる組織が「ありたい姿」「現在の環境認識」「変革課題」等、経営の根幹となる部分を設計し、見える化する、すなわち、「経営をデザイン」し、生産性の改善・改革に取り組むことを目的としています。

  • 経営を次世代につなげたい経営者の方
  • 先代から経営を継承した若手経営者もしくは次期経営者の方
  • 「経営を見える化」したい経営者、事業部長等の方
  • 「日本経営品質賞」への挑戦を通じて「顧客価値経営」の一歩を踏み出したい経営者の方

経営デザイン認証説明

「経営デザイン認証」は、「経営デザインによる生産性向上プログラム」の一環として、2018年以来、3年間で45組織が47の認証を受けられています。

満足度調査

顧客満足や社員満足など、客観的な調査にもとづく診断のツールをご紹介します。

  • 顧客満足度調査

    JCSI調査 日本版顧客満足度指数

    JCSI(Japanese Customer Satisfaction Index)は、サービス産業向けの顧客満足度(CS)調査です。JCSIは、
    「何故お客様は満足したのか」
    「その結果、お客様はどう行動するのか」
    といった因果関係を明らかにし、更にはお客様の「満足・不満足評価」が貴組織の提供するサービスのどのプロセスに要因があるかなどの情報も提供できるツールです。
    経営品質向上活動をおこなう際の顧客満足度指標としてご活用ください。

    お問い合わせ

    日本生産性本部 サービス産業生産性協議会

    JCSIの詳細はこちら
  • 社員満足度調査

    ナイサーES

    ナイサーESはWebを活用し、安価でスピーディーに実施できる社員満足度調査ツールです。
    13の視点・63の設問を標準設計としており、経営品質アセスメント基準の「組織と個人の能力向上」に対応しています。20問まで設問を追加することが可能です。
    また、報告書及び経営コンサルタントによる報告会(オプション)により、取り組むべき課題・改善施策が明らかになり、社員満足度向上につながります。

    お問い合わせ

    日本生産性本部 コンサルティング部
    宛先:niser@jpc-net.jp

医療向け経営評価

米国で経営改善、経営革新のツールとして病院で活用が進むマルコムボルドリッジ国家品質賞(MB賞)に着目し、日本版MB賞に当たる「日本経営品質賞」の考え方をもとに、病院が経営の質向上を図っていくことを支援しております。

患者満足の向上や職員満足の向上を経営の軸においていきたいとお考えの病院の皆様の積極的なご参加をお待ち申し上げております。

日本版医療MB賞クオリティクラブページはこちら

特設サイトLINK